裸眼生活に戻ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加

老眼の治療

札幌のクリニックで行えるレーシック手術では、老眼に関する治療を行なうことができます。年齢を重ねたことにより衰えた視力をレーシックによって補うことができるため、老眼鏡いらずの快適な生活を行なうことができます。高齢になることによって起きる老眼は、老化によって目の水晶体に弾力が無くなってしまうことにより引き起こされます。目は、レンズのような役割をもつ水晶体が、チン小帯の働きによって厚さを変えることにより焦点を合わせることができるものです。しかし、人が年齢を重ねることでこの厚さを変化させる水晶体の弾力が失われ、水晶体の動きによって像の焦点を合わせる力が衰えることから、老眼となるのです。つまり老眼は一般的な老化現象のひとつであるため、日々の生活での対処などによって容易に防ぐことは難しいものなのです。札幌のレーシック手術が行えるクリニックに受診することで、レーシックによる効果的な視力矯正が行えます。分厚い老眼鏡はレンズが分厚いためかけづらく、仕事などを行なう際にもちょっとした動作で落としてしまう事もあれば、眼鏡を支えるパッド部への重量が負担となる事もあるため、本や新聞を読む時などしか利用できず、不便な思いを抱く人も多くいることでしょう。レーシックによる治療を受けることで、こうした不便な老眼鏡を使わずとも裸眼で生活することができるようになるのです。

札幌のレーシック手術を行なうクリニックでは、レーシック手術に加えリーディングアイと呼ばれる特別な治療を行ないます。リーディングアイでは、角膜内部に小さなリングを挿入することにより、ピンホール効果によってレンズの調節機能が衰えた目を焦点が合わせられやすい状態に改善させてくれます。ピンホール効果とは、小さく開けた穴がレンズのような焦点を結ぶ現象であり、昔は安価なカメラとしても多くの人が利用していたものです。リーディングアイは、このピンホール効果を用いて目に焦点を合わせることができるため、裸眼でも物がハッキリと見えるようになるのです。このリーディングアイの効果を、レーシック手術によってさらに補強することで、老眼による症状が深刻な人であっても裸眼で過ごすことができるようになるでしょう。子供や孫の顔を度数の強い老眼鏡などを使わず、裸眼でクリアに見ることが出来るのはレーシックだけと言えるでしょう。